スポーツ外傷について

a02

日本は、スポーツが盛んな国です。

野球やサッカー、マラソンなど、子供から大人まで幅広い年齢層の人がスポーツを楽しんでいます。

しかし、スポーツをしていると、怪我をすることも多いです。

スポーツによって、様々なスポーツ外傷やスポーツ障害が起こります。

スポーツ外傷とは・・・?

sports_soccer_kega

スポーツ外傷スポーツ障害は、よく間違えられます。

スポーツを行っている時に、外力によって組織が損傷してしまうのが、スポーツ外傷です。

スポーツで相手と衝突した時や転倒した時に、打撲や捻挫、骨折、靭帯の損傷が起こることがありますが、これはスポーツ外傷です。

一方、スポーツ障害は、スポーツを行っているうちに、負担が重なって、痛みなどが慢性的に続く状態です。

スポーツ外傷の処置は早めに

重症になると、日常生活に支障が出る場合もあります。

ですから、最初のうちに適切な処置を行うことが重要なのです。

無理をしてスポーツを続けていると、結果的に長期間スポーツができなくなるケースもあります。

セルフ整体でも改善

a01

スポーツ外傷の治療には、様々な治療法があります。

スポーツ外傷は、傷を受けた部位や傷の程度によって手術が必要になることもあります。

また、ギプス固定が必要になることもあります。

多くの場合、保存的な治療を行うことで、徐々に痛みも取れてきます。

そのため、治療の計画やリハビリのプログラムも立てやすいのです。

しかし、スポーツ障害の場合、原因がわからずに治療が長期化することもあります。

大切なのは、メディカルチェックです。

スポーツ外傷に対して、早めに適切な処置を行わないと、障害につながる可能性もあるのです。

まずはお気軽に当院までご相談ください。

受付時間