側坐核って知っていますか?腰痛とストレスとの関係!!

長い間、腰痛の原因というのはヘルニアや腰そのものにあると思われてかたようですが!

最近の研究では慢性の腰痛の原因が脳にある可能性があることが分かってきているようです。

脳にある側坐核というところが痛みに反応し、そのことによって鎮痛物質であるオピオイドが動きだし私たちが必要以上痛みを感じないようになっているということなのです。

慢性的ストレスを持っていることによって側坐核やオピオイドがうまく働かなくなりその結果痛みを必要以上に感じてしまうことにつながってしまうようです。

ですので慢性腰痛に悩まされる方の場合、ストレスを軽減することが腰痛をやわらげることにつながってくるようです。

また、我々の体のなかにはマイクロファージという免疫細胞が大きなヘルニアを見つけてやっつけてくれる場合もあるということです。

ただ大きなヘルニアはなくなりやすいですが小さなヘルニアはなくなりにくいです。

以前にもヘルニアと診断されても実際ヘルニアではない方が多いとブログにていいましたが。腰痛でない方でも8割の方が椎間板変性が多いのです。では?痛みはないのはなぜか?それはマイクロファージがヘルニアという不要物質を食べてくれるからなのです。いわば、身体の不要物質掃除屋さんなのです!

マイクロファージにはいろいろな作用があり、なかには大変な病気に関連することもあります。ですが少なくとも腰痛にはかなり関連があるようなので紹介させていただきました。

このストレス社会で生活する上で「側坐核」は大きく関わってきます。

・ひきこもり

・うつ病

・パーキソン病

・癌

これらの病気にも関係があるともいわれています。一番はストレスの発散が大切です!ストレスの発散場所をまず作りましょう!!

 

 


まずはお気軽にご予約・お問い合わせください

CIMG0651 まず、今すぐ下に表示されている番号へ、お電話ください。
そうするとスタッフが電話にでますので
『ホームページを見ました。予約をしたいのですが』とおっしゃってください。

 

あとはスタッフがあなたの症状などをお尋ねしますので、
簡単で構いませんので希望の施術日と痛みの現状をお伝えください。
これでご予約は終了です、電話を受話器に置き電話をお切りください。
皆様のご来院をスタッフ一同心よりお待ちしております。

お問い合わせ

シェア!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です