症状|ほねつぎげんき堂 広島駅前院

症状

関節の痛みの治療について

雨になったらなんで痛いの?こんな経験をされたことはないですか?

◎天気の変化で膝、肩、股関節などに表現できないくらいの痛みや違和感
  • 歩くたびに痛みが増していく
  • 冷えたり角度によって痛い
  • 動き出す動作が1番つらい
  • 腕が上がらず後ろにも回らない
  • 過去に同じ痛みを何度もやっている
  • 痛くて正座ができない
  • 冷えて重だるい
  • 足の付け根・膝の裏が突っ張って痛い
  • どこへ行っても関節の痛みが改善されなかった

それって間違った関節の痛み対策ではないですか?

  • 水がたまっていて痛いのにも関わらず、リハビリを無理に行っている
  • 炎症しているのに無理矢理、他動運動をしている。
  • 痛いから負傷部位を動かさないようにサポーターをして生活している
  • 薬やシップを貼っている
  • 強い刺激の方が効くと思ってどんどん強揉みをされている
そんなお悩みを抱えているあなたへの関節の痛みを根本から改善させる
ほねつぎげんき堂治療法を知っていますか?
関節の痛みの発症原因を突き止めて再発防止へ!関節は筋肉を動かし、人の体重を支えたりと、私たちの身体にとって重要な役割を果たしていると言われています。

関節部の痛みがあると運動不足やストレスの原因になり、私たちの生活の質に大きく影響します。特に日本人は、足の筋肉や靭帯の走行に特徴があり、O脚や猫背になりやすいと言われています。

さらに1人1人環境、生活リズムが異なるため、痛み方も様々です。

痛みの改善だけではなく、スムーズに動かせる治療!!!痛くて動かすなんて無理!とよく言われますが、特に関節周りは動かさないとより悪化し、気づけば“変形”や“拘縮”といって動かしづらくなっていくのが特徴です。


1回の施術で痛みなく驚く程スムーズに動かせて、早期回復を実現して喜んでいただいてます。

変形前に防ぐ治療法!!

関節は骨と骨とが連結し、曲げ伸ばしをする部分で、その表面はクッションの役目を果たす軟骨と呼ばれる組織で覆われています。関節全体は滑膜という柔らかく薄い膜で包まれています。

この滑膜に炎症が起こることで関節に痛みを生じ、異常に増殖した滑膜が周囲の軟骨や骨を破壊し、関節の変形を起こしてしまうのです。

全身にはたくさんの関節があります、いろんな間接が変形して動かしづらくなる事で服を着る、食事を作る、歩くといった様々な日常動作に支障が出ます。

関節の変形によって、身体の機能が低下してしまい、日常生活に様々な支障をきたす点が大きな問題です。変形してからではなく、変形する前に“予防治療”を当院は実施しおすすめします。