こんにちわ!

ほねつぎげんき堂の竹山です!

姿勢のゆがみを引き続きお話しますね

前回お話したように骨盤のズレから上半身のゆがみます

ここで注意するのが、左右のバランスだけではないという事

前後にもゆがみはでます。

画像で見るとわかりやすいですが、まずは正面から見て

骨盤の左右の高さ・肩の高さを診ます。

1

次に横から正中線をもとに診ます。

そこで身体がどのように曲がっているかがわかります

骨格がゆがむのと痛みがでるのとなんの関係があるか?

それは神経が大きく関係しているのです!!

上半身を支えている骨格は脊椎です

脊椎には多くの神経が身体の隅々まで届くように保護され

ながら骨盤と繋がってます。

2

漠然と脊椎といっても約30個の椎骨から構成され

その一つ一つから神経が身体中に伸びていますので

骨格がゆがむと場合によっては神経を圧迫しますので痛みを

感じます。

脊髄につながっている筋肉がいくつもあります!

例えばおへその裏側の神経が圧迫されて痛みを脳が感知して

いても実際は背中の真ん中が痛いと感じることもあります。

前回お話した肩こりと同じように実際の原因がはぐらされて

しまいます。もちろんはぐらかされない場合もありますが

このように、脊椎を正しくするには骨盤を正しく

する事が大切になってきますので。まずは、正しい位置に

戻して痛まない体づくりをしていきましょう!