目の疲れについて


目の疲れ、疲れ目、眼精疲労

現代社会において目の疲れは切っても切り離せません。

目の疲れには様々な原因がありますが、一番の原因は携帯・スマートフォンの普及やデスクワークにより画面を長時間見続けたり手元で細かい作業を行っていると、目のピントを合わせる機能に疲れが出ることにより疲れ目となります。

もちろん、その他にも原因はあります・・・

  • 偏食による目に必要な栄養素の不足
  • 老眼・乱視
  • 肩こり
  • 首こり
  • 自律神経の乱れなどによる血流の悪化
  • 白内障や緑内障などによる目の疾患

など様々あります。

目の疲れは主に目の周りの筋肉が疲れた状態で、肩こりや首のこりと似ているとも言えます。

目の周りの筋肉が疲れるとピントを合わせにくい、目がよく乾く、しょぼしょぼするなどの状態になったり、目を酷使する事で首や肩などの筋肉や神経に負担がかかり、肩こりや首のこりにもつながる場合があります。

治療法・予防法

まず、自分で対処・予防できることは・・・

  • 目に良いビタミンAやB群を摂取できるように食生活の改善
  • ホットパックなどで日々の疲れや血行不良を軽減する
  • ブルーライトカットやパソコン用のメガネの着用

などの予防を行っていきましょう。

当院での治療法は目の周りの血流や筋肉の疲労を取っていく為に、首や肩など疲れの要因となっている箇所にハイボルト高電圧療法や筋調整を行っていきます。

頭・顔の筋肉や自律神経系統からのアプローチでは鍼治療をおすすめしております。

目の疲れや痛みなどのお悩みは早めにご相談ください。

受付時間