腱鞘炎について


腱鞘炎とその原因

腱鞘炎には狭窄性腱鞘炎やバネ指といわれる症状があります。

腱鞘炎とは筋肉の先の腱が通っている「腱鞘」(トンネルのような構造)に炎症が起きている状態です。

・狭窄性腱鞘炎(ドケルバン病)
手関節の代表的な腱鞘炎で、親指を伸ばす腱が使いすぎなどにより炎症が起こって痛みとなります。

中年の女性に多く、パソコンや手首を良く使う作業をしている方や手を使うスポーツをしている方に起こります。

狭窄部を通過した後にひっかかりが取れて急に伸びるのでバネ指と言われています。

バネ指も使いすぎやホルモンの変化、リウマチや糖尿病が影響していると言われています。

親指に一番多く起こるといわれていますが、使う作業によってどの指に起こってもおかしくはありません。

治療法

痛みが出るのは手首や手の指などですが、原因が肩・首・腕など別の場所にある場合があります。

それは単純に指の使い過ぎだけが原因でないこともあります。

痛みの原因をしっかりと検査して悪影響を与えているところ(根本)をすべて改善させていかなければ痛みが長続きしてしまう原因になってしまいます。

当院の施術では検査により原因を把握し、ゆがみや動きの悪さ・固まってしまった筋肉などにトムソンベッドによる矯正やハイボルト高電圧療法などを行い根本改善の施術を行っていきます。

使い痛みによる場合は、過度の使用をさけると一番良いのですが仕事などにより不可能な場合はテーピングなどで使用中の負担を減らしたり、運動療法やアイシングなどの使用で患部の改善も図っていきます。

受付時間