当院の予防治療のJOYトレでインナーマッスルを鍛えよう!!

最近よくネットや書店で体幹トレーニングという言葉を見かけます。たくさんのトレーニングがありどのトレーニングが自分に合うのか分からないという方もいらっしゃるはずです。

まずは体幹を鍛えると筋力トレーニングの何が違うのか?

そもそも鍛えなきゃいけないのか?

と疑問がある方にお答えします。

体幹は身体の軸になるので鍛えた方が良いです!

例えば、歳をとると運動能力が鈍くなり若い頃の運動が出来なくなります。ですが、周りに居ませんか?歳を感じさせない運動ができる方が?

100歳で水泳競技大会に出場していたり90歳でエベレストに登頂したり探せば沢山いらっしゃいます。

食生活だけではなく身体を動かしロコモティブに負けない筋力トレーニングを積んでるから結果がついてくるのです。

少し話がそれましたね!すいませんm(_ _)m

体幹=インナーマッスルなのです。

インナーマッスルを鍛える事は大変難しいです。なぜなら見えない筋肉であり筋肉などの知識がないとちゃんとついているのか分からない。また、長期間のスローストレッチで鍛えていれば必ず効果は出ますが、その効果に気づく前に挫折してしまうことがあります。

ですが一度鍛えるとなかなか落ちないインナーマッスル。アウターマッスルは鍛え続けないと筋力は落ちますがインナーマッスルは日常生活の中で使いますので年に1%落ちます。摂食ダイエットなどでは年に4%落ちることもあります。

効果としては

・姿勢が悪い、長時間の立ちっぱなし・座りっぱなしが辛い、疲れやすい、眠れない、痛みがすぐに戻る、回復が遅い、脂肪が落ちないなどの改善ができます!もちろんスポーツのパフォーマンスも上がります。

インナーマッスルは支える筋肉なので弱い力をだし続ける持久筋肉であり姿勢、アウターマッスルの補助、血行を良くし基礎体温を上げ、脂肪の燃焼をする働きがあります。

プチ知識として脂肪には内臓脂肪と皮下脂肪がありますが、性別によってどちらが多いかがあります。

男性で内臓脂肪が多く、女性なら皮下脂肪が多いのです。また燃焼にも順番があり内臓脂肪が先に燃焼してから皮下脂肪が燃焼します。女性の方が摂食ダイエットをしてもなかなか効果が出ないのは皮下脂肪の燃焼ができてないからも一理あります。脂肪の燃焼には運動が必要なので摂食ダイエットではなく運動を取り入れる事をオススメします。

ジムやトレーニングキットで筋力アップしてもインナーマッスルがないと格段に筋力の衰えが激しく3日休むとすぐに落ちます。また、筋力トレーニングやスポーツでのケガも起きやすくなりますので鍛える事をオススメします。

インナーマッスルのチェック項目

・30分歩けるが30分立っていられない

・基礎体温が低くく疲れやすい

・身体の表面の筋肉が硬い

・内臓脂肪が多い

・脚が上がらない、よくつまづく

・姿勢が悪く腰、肩などに痛みがある

・痛みがすぐに戻る

・手足の冷え性である

どうですか?当てはまる項目がある場合はインナーマッスルが落ちています。

cimg0140

そこで知識がなくてもでき、何年もかけなくても気軽にインナーマッスルを鍛えられ・ほぐし・左右のバランスが整えられるのがJOYトレです!!

的確に鍛えますので安心してください。

DSC_0277

当院では予防プログラムとしてこのJOYトレをオススメしています。正しい姿勢の保持により痛まない身体作りもでき年齢による運動障害を無くす目的です。何歳になっても自分の足で歩けるようになってほしいからなのです。

その前にまずは痛まない身体作りをしていきましょう〜〜(o^^o)

興味のある方は当院にお越しくださいm(_ _)m


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です