肩の可動域不足や呼吸のしにくさには上半身矯正!!

肩が上がらない・呼吸がしにくい方は

肩の痛みのある方や肩が上がりにくい方、呼吸が浅い方の原因の1つとして胸骨は肋骨などの歪みが関係しています!

それに呼吸が浅いことで十分な酸素を体に取り入れる事ができなくなってしまいます。

すると血流に大切な事は酸素と水分ですので酸素が不足すると血液の滑らかさがなくなります。

血液は心臓を通って送り出されます。しかし血液の流れが悪くなると更に強力な圧力が必要になり心臓や筋肉に負担がかかります。

その筋肉の周りにある骨格が歪んでいると可動域が狭まります。そして必要な圧力がかけれずに血行不良などにつながることもあります!

なぜ呼吸のしやすさも変わるのか?

肺の周りには肋骨があります。

呼吸をすることで肺が膨らみます、膨らんだ際に肋骨も一緒に動くようになっています。

その肋骨の位置が歪んでいると肺が膨らみ切らずに呼吸が浅くなるなど影響が出てきます。

呼吸が浅くなると自律神経の乱れにもつながりますし最初に書いたように血液の循環にも悪影響が出ます。

そして、筋肉が固まり肩の可動域が狭まるなどにつながります。

当院での治療は

肩の可動域が狭まった状態で無理に動かそうとすると炎症を起こして痛みなどにつながるので当院では骨盤矯正の他に上半身矯正を行い骨格の調整も行います。

上半身の調整を行うことで無理に動かさないようにして痛みがでない体を作っていきます。

呼吸が気になる方、肩が上がりにくい方など気になりましたら是非1度当院へお越しください!痛みがでない体を作っていきます。

>>当院の骨盤・骨格矯正について


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です