眠りたい、疲れているのに眠れない方に

眠れない原因とは?

眠れないと悩んでいる方は多いです、眠れない原因としては

・ストレスや精神的なもの・・・例えば、今日は寝れるかな?と考えているだけでもストレスになってしまう方もいます。

・加齢や無呼吸症候群、痛み、かゆみなど・・・痛みやかゆみは自覚があると思いますが、無呼吸症候群は無自覚の場合が多いですのでいびきが大きいなど指摘された方は専門機関の受診をオススメします。

・アルコール、カフェイン、ニコチンなど・・・寝る前に摂取してしまうと人によっては覚醒作用により眠れなかったり、眠りが浅くなってしまったりします。

・生活習慣や時差ボケなど・・・時差ボケや仕事のシフトにより昼夜が逆転してしまう事で眠れなくなってしまう事や、スマホやTV、パソコンなどを寝る前に使用すると睡眠に入りにくくなる事があります。

代表例はこのようなタイプですが、個人によって混ざり合っていたり様々なことが原因となります。

        寝る前にスマホ

対策は?

個人によって効果のある対策は変わってくるのでまずはいろいろ試してみる事が一番です。

・生活のリズムを作るために同じ時間に起きて太陽の光を浴び、休日でも寝すぎには注意しましょう。

・カフェインやニコチンなどが身体に与える影響は様々ですが、影響を受けてしまう人は5~6時間は作用が残りますので、夕方以降は控えてみましょう。

・夜寝る前(2時間)にパソコンやスマホなどが発するブルーライトの画面をみないようにしましょう。

・ぬるま湯につかったり、腹式呼吸をしてストレッチをするなど副交感神経を高めリラックスしましょう。

ただし、絶対にしないといけないと思わないでください、その事でストレスをかかえてしまっては元も子もありません。

当院では

当院では眠れないと訴えてこられる方への施術として、自律神経を整えていくために身体のゆがみを戻したり鍼治療などで体が訴えている痛みやストレスをできる限り取り除いていきます。

1人で眠れないと悩んで抱えてしまう事が一番よくないので一度ご相談ください!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です