四月は環境が変わり身体に負担がかかる季節です!

 

この季節には就職や新学期などで周りの環境が変わり精神的にストレスがたまりやすくなります。

ストレスは身体の不調と密接な関係があり

忙しくなる為に食事や睡眠が不規則になり気づけばストレスで気分も落ち込みやすい時期です。

特に四月の疲れが5月の大型連休で一気に体調不良になるので「五月病」と言われる所以です。

勉強や仕事をサボって楽しなさいと言っているのではありませんよ?(笑)

そこは、しっかりしないといけませんよ!

そのストレスは遊ぶ事で解決するかもしれませんが気をつけていただきたいのは食事と睡眠です!

食事ではバランスのとれた食事と言うのは聞き飽きていると思います!

 

一切の疾病は宿食をもととする

 

釈迦の言葉ですが、食べ過ぎはいけません。

腹八分が最適なのです!

それは、自分をコントロールする訓練だと思ってください。

食べすぎると内臓の視点からいくと腸は脳から自立していますがその他の臓器は脳からの信号で動いています。

ですから食べ過ぎると胃で消化するのにものすごくエネルギーを使います。

意識的にも集中する時間に脳の半分は使えなくなって睡魔などが起きます。

ですからお昼ご飯は腹八分が最適です。

次に、睡眠です。

睡眠が短い若しくは、長いと個人差がありますが平均的に睡眠は6時間が最適です。

ひと昔は8時間と言われていましたが(笑)

そして、リラックスして睡眠をとることが必要です。

うたた寝や、やることあるからと無理に起きてたり無理やり寝るなどは自律神経ご緊張しているので身体は休まりません。

忙しかったりしてそんなことできない!って思われるかもしれませんが睡眠時間はともかく、先ずはリラックスをして寝る事を意識してください。

ストレスは日々気づかないところで溜まっています。

ただ昨今では若くして大病にかかる方が多くなってきています。我々の専門は骨格・筋肉ですが内臓からの筋肉反射で痛みもあります。

食事・睡眠で、ものすごく体調がよくなり頑張れますのでやってみてください!!

食事や睡眠でどうしたらいいのかなど悩みがある方は当院にご相談ください!!

すごくいい秘密教えますよ〜〜!

お待ちしております!!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です